未来生活研究所/エコライフ研究所
 
─和魂洋才で未来を切り拓け!─
信和義塾大学校は、「学」を通じて日本人としての知性と感性を高め、
誇り高い日本人精神をもって次代を切り拓く人材の育成をしています。
 

実践出版塾へようこそ

出版社直営の著者育成教室
「実践出版塾」


ビジネスを成長させたい!
とお考えの方のあなたへ

─────────────
本でお客を創り出す
「ブックマーケティング」

─────────────

「実践出版塾」を一言で表現するとしたら「出版戦略学習教室」です。

私たち未来生活研究所の出版塾は、本を出すことだけを目的としていません。むしろ本を出した後の、著者の方のビジネスをうまくいかせるほうに重点を置いています。

なぜなら、私たちの提案する出版は著者の「ブックマーケティング」の一環だからです。

マーケティングの基本は「誰に、何を、どう売るのか」、これが基本中の基本です。私たちの本づくりはこの基本中の基本に忠実に、著者と内容を組み立てていきます。

そして出版後の動き方についても計画に入れて、出版そのものを「ブランディング」「販促」「広報」などなどビジネスと連動させる形を整えていきます。

ですから「実践出版塾」は、文章の書き方、タイトルや目次の作り方、企画書の書き方・・・といった一般的な出版塾とはかなり違います。どちらかというとブランドコンサルになると思います。

「出版戦略」という言葉を使うのはそのためです。

本を出すことによってビジネスの上でどんな流れを創り出していくか、どんな効果を求めていくか。私たちはいつもこんなことを考えながら本づくりのお手伝いをしているのです。


─────────────
出版で実現していく
ビジネスの基本「信」

─────────────

ネット時代のなかで「今どき紙の本がどう役に立つというのよ」と疑問符を投げかけてくる方も多いです。でもネットがあたりまえの時代だからこそアナログの紙の本はかえって価値がか高まっていく。そう私たちは考えています。

なぜなら、ネット情報は簡単に誰でも構築できるとともに、簡単に消去させることもできるからです。そしてここが一番大事なところですが、その情報がウソか本当かの判断は極めてむずかしい。これはネット情報時代のメリットであるとともに情報の信頼性からすれば解決できない永遠の課題でもあるのです。

では本はどうか。
ひとたび本を出版するとその本の内容は永久に変えられません。名前も堂々と出ます。逃げ隠れできません。ですから本を出す著者は、強い決意(情熱、信念、確信、ぶれない思い)を持っていないと本を出せないのです。他にも理由はあげられますが、これだけでも本の信頼性の高さはご理解いただけるかと思います。

「商業の徳義でもっとも重要なるは信である」
これは日本の資本主義の父・渋沢栄一の言葉です。

たとえ時代が変わったとしても、大企業でも零細個人事業でも、億単位のビジネスでも一個100円の商品販売でも、ビジネスの基本は変わりません。にんべんに言うと書いて「信」です。

あなたも出版を通して「信」を確立して、地域でのそして事業領域でのポジションを高めていく、ということを実践してみませんか?

あなたがご自身の「信」を高めながら未来への道筋を創造していく。
「実践出版塾」はそのお手伝いをさせていただきます。


「実践出版塾」事務局


 

実践出版塾参加メリット

出版社直営の著者育成教室
『実践出版塾』

 参加者受付中!


<実践出版塾の入塾メリット>

◆出版実現100%! 
本塾は、出版社である未来生活研究所が直営しているため、電子書籍、紙媒体どちらも弊社より商業出版が100%可能になります。
※出版に際しては出版契約を別途締結することとなります
※商業出版とはアマゾンや書店など既存の流通ルートで販売できる出版手法のこと。

大手中堅の出版社から「本を出します!」と言っていた方が、出版社の編集者に内容の訂正・手直し、あげ句は大幅削除を求められ、自分の言いたかったこと、伝えたかったことがほとんど書けなかった…。そんな話をよく聞きます。

しかし未来生活研究所の出版塾は違います。自分の言いたいこともしっかりと書いていただきます。そうでなければ本を出した後、著者の方が目指すビジネスにつながらないからです。


◆ビジネスコンサル実践!
ベテラン著者である中野が、本を最大限に活用する【ビジネスコンサル】もマンツーマンでおこないます。

なぜって? 本は出版した後が大事だからです。

ネット社会となったいまでも「出版」はマーケティング(顧客探し・顧客づくり)の手法として有効です。でも「本を出しただけでおしまい」では正直言って効果は薄いでしょう。

せっかく本を出すのです。最強のビジネスツールとして活用していただきたい。ですので出版塾で本を活用するために著者としてやるべきことを細かくお教えします。そして実践していただきます。


◆ブランディング実践!
本を出版する目的の一つに「ブランディング」があります。本を出版する最大効果は「信頼性」です。WEB上の様々な広告や宣伝、PRは誰でもできますが、本を出すことは意外と少なく、限られた人しかやっていません。

出版塾では本を使ってのブランディングをしっかりお教えします。本の出版によってあなたの「信頼性」は高まりあなたのビジネスに大いにプラスになることでしょう。

本はあなたの周りの人は誰も持っていないあなたオリジナルの「最強の名刺」なのですから。


◆マーケティング実践!
「誰に、何を、どう売るのか」。これは商売する上でしっかり固めておかねばならない基本中の基本。この基本中の基本が本を作る過程においてしっかりブレなく見えてきます。

本で何を伝えるのか、どう伝えるのか。本の内容をブラッシュアップしていくなかで、ビジネスの方向性や真の顧客像、そして課題が明らかになっていくのです。

出版塾で出す「宿題」や思考トレーニング、そしてプレゼン型ミーティングであなたの考えを整理整頓。出版塾のプログラムが実際のビジネスにもフィードバックされてまさに一石二鳥。


◆オールラウンド対応!
文章が書けない!・・・書き方をお教えしましょう。名のある出版社から出したい!・・・いいですよ、チャレンジのお手伝いをします。講演会をしたいけど話しが下手で・・・大丈夫、当社企画のミニ講演会で場数を踏むことができます。そうそう、別料金になりますがボイストレーニングもご紹介できますよ。

などなど、出版に関すること、出版後の活動についてのこと、つまり本を起点とするあなたのパワーアップに関することをすべてお受けする用意があります。

本をは出しておしまいではありません。「実践出版塾」は本を出した後のことを考えています。


<まとめ>
「実践出版塾」でお伝えすること

◆売れる本の企画作りの考え方
 ~企画作りの重要な視点、売れる本の企画の共通点

◆著者としてのブランド力の築き方
 ~あなたが「先生」になるためにやっておくべきこと

◆あなたが持つコンテンツの引き出し方
 ~視点を、ターゲットを変えると別の何かが見えてくる

◆ビジネスにつながる出版という考え方
 本は出しておしまいではもったいない! 本を出すからには「戦略」を考える

◆電子書籍のつくり方と最適な活用方法
~紙の本を出す前に出すと効果的な電子書籍の使い方

◆現役ライター直伝、プロが教える読まれる文章のつくり方
~読者を引き込む文章構造、読者に気持ちが伝わる文章術

◆本を「本業のビジネス」に活かす方法
~メディアを巻き込む書籍プロモーション

◆マーケティングとブランディング発想
~本は24時間働く営業マンと考えよ


<内容>
◆リアル教室
開催時期=概ね6カ月の間に開催
開催回数=全3回
※日時は参加者とご相談しながら決定します

会場=東京都内
※日時場所等詳細は参加者に直接ご案内 
※講義時間はいずれも午後1時半~午後6時まで 
※講義後講師を囲んでの懇親会あります(会費別途)
 
◆オンラインWEB動画配信
配信回数=全4回
※都合により回数が変更される場合があります
※配信時期(適宜)

視聴方法
※オンラインセミナーはWEB上で視聴いただきます。
※パソコンかアイフォンでご覧いただけます。
※視聴するためのアドレスとパスワードをお申し込み時にいただいたメールアドレスに送付いたします。


◆講師
講師は、これまで32冊の出版を続け数々の新人著者のデビューを手掛けてきた本研究所代表の中野博。「実践出版塾」では講師・中野の実践経験をもとに、あなたのビジネスを成功させる最有力な手段としての「出版戦略」お伝えします。
ご期待ください。


<参加費>
36万円(税込み)
※分割払い相談可

<お支払い方法>
銀行振込
あるいは
カード払い(ペイパル)

<申込方法>
下の専用申し込み欄をご利用ください。

 

申込欄/実践出版塾

以下の項目を入力して[決定]ボタンを押してください。
*印の項目は必須入力項目です。
*
*
*
*
(確認用)
*
*
記入例)1981年6月4日
記入例)19810604
*
*
※住所がご自宅の場合は不要
※住所がご自宅の場合は不要
*
分割払いご希望の場合は、当方よりあらためてご連絡をいたします。

ご相談のみ(無料)の方はこちら

以下の項目を入力して[決定]ボタンを押してください。
*印の項目は必須入力項目です。
*
*
*
*
(確認用)
*
*
記入例)1981年6月4日
記入例)19810604
*
*
※住所がご自宅の場合は不要
※住所がご自宅の場合は不要